-->
  1. トップページ
  2. スタッフブログ
  3. 移住者が増える人気の東海エリア!もし三重県に暮らしたなら…

スタッフブログ

カテゴリ表示
移住者が増える人気の東海エリア!もし三重県に暮らしたなら…
7月9日(火) official

移住者が増える人気の東海エリア!もし三重県に暮らしたなら…

愛知県・静岡県・三重県・岐阜県の一部を指す東海地方。
今、この東海エリアが移住地としての人気を集めています。
都市部から地方に移住を考える方は、自給自足生活を望んだり、自然に癒しを求め長閑な暮らしに憧れたりするようですが、それならこの三重県は、山に川に海に……とぴったりな場所!

今回は、田舎暮らしや移住生活を考える方々に、三重県の魅力をご紹介します!

 

 

■三重県の移住者数は8年連続増加
2022年度577名だった三重県への移住者数は、翌2023年度には757名になり、31%以上も増加しています。
インターネットを使った情報収集を行うサイト「ねとらぼ」によれば、2024年の最新データでは、県内の一番人気は伊勢神宮のある伊勢市で、鈴鹿市、松阪市、津市、桑名市、四日市市…と続きます。
自給自足をしたい方なら、畑としての土地や水源がある場所を、子育てのしやすさを優先する方なら、幼稚園や保育園、学校が選べる場所を求めます。給付金や補助金制度の有無も、移住先の選択には大きく影響するでしょう。
アート・宙が所在する四日市市の場合は、三重県で一番人口の多い開かれた街なので、生活の利便性を求める方が多いかもしれません。

 

三重県で自然素材の注文住宅を建てるならアート・宙オンライン可!家づくり相談はこちら海砂中の相談会や見学会詳細はこちら

 

 

■三重県の魅力
四日市市を含む北勢エリアは、名古屋市にも近く、あらゆる交通網で移動が便利な場所です。
愛知県から静岡県方面まで沿岸部に伊勢湾岸道が通り、四日市市からも中部国際空港セントレアまで車でたった1時間ほどです。
近鉄名古屋線では、名古屋駅まで特急で40分程度。県をまたいで通勤や通学する方も少なくありません。
愛知県だけでなく、岐阜県や滋賀県、奈良県や和歌山県といった近隣他県へも、車で1~2時間もあれば行くことができるので、三重県を拠点にすれば様々な地域への旅行も楽しめることでしょう。せっかく地方に移住するなら、自然を満喫いたい方も多いはず。
山、川、海のある三重県は、トレッキングや釣り、アウトドアを存分に楽しむことができます。また、三重には73ものゴルフ場があり、ゴルフがお好きな方は趣味を継続できます。

また、自然を感じながら暮らしたいという方は、暖かい季節にはお庭でBBQを楽しみ、寒い季節には薪ストーブで暖を取り、自然のぬくもりの中で快適に過ごす……そうした自然と共にある暮らしができるお家を手に入れられます。薪も手に入りやすく、冬の光熱費が大幅に抑えられるのも嬉しいですね。

 

 

■お出かけも楽しめるスポット
よくTVでも取り上げられる、桑名市にあるナガシマスパーランド。
遊園地と温泉施設、アウトレットモールなどが一か所に集まった複合レジャー施設で、子どもから大人まで、丸一日楽しめるスポットです。
中南勢エリア・多気町に、2021年オープンしたVISON。東京ドーム24個分にあたる広さを持つ、日本最大級の商業リゾート施設です。約70店舗が出店し、海のモノ、山のモノが豊富に並んでいます。買い物だけでなく、ホテルや温浴施設で宿泊したり、様々なジャンルの体験イベントも開催されたり、こちらもご家族で満喫できるスポットです。
四日市市にもほど近いになべ市には、にぎわいの森という、自治体が地方創生に注力し、その地域の特産品の価値を高め発信している商業施設があります。
地元の有機野菜をふんだんにつかった食事が楽しめるカフェや、行列のできるベーカリー、三重県が全国生産量1位のかぶせ茶を使ったスイーツ店などがあり、その地域のモノをお洒落に贅沢な形で味わうことのできるスポットです。
県内だけでも様々なスポットにお出かけを楽しめるのも、三重県の良さの1つです。

 


引用元:VISON公式ホームページ(https://vison.jp/)

 

■移住支援制度
様々な移住支援制度は、各市町村で異なるので希望地ごとに確認が必要です。
四日市市の場合、「子育て・若い夫婦世帯の住み替え支援補助金」という制度があり、市街、または市内の賃貸住宅から転居する戸建てや中古住宅の取得費用が補助されます。固定資産税等相当額2年分(上限20万)や、親世帯との同居の場合は、そのための増築・改築、建て替え等の費用の1/3(上限50万)の補助が受けられます。その他、津市、松阪市、鳥羽市、鈴鹿市などは、独自の空き家バンクを利用しての住居取得に積極的な支援をしています。

移住には、まず「家をどうするか?」が一番の課題となるので、こうした支援制度と絡め検討してみると良いですね。
また、県としても、移住元の地域は限られますが、支援制度があります。東京23区および、23区以外と千葉・埼玉・神奈川の一部地域からの条件に一致する移住者に、単身には60万円、2人以上世帯には100万円、さらに18歳未満の世帯員1名につき100万円の支援金が支給されます。
詳しい要項・条件はこちらから

 

 

アート・宙は、お客様に末永く健康で快適な生活を送っていただくために、三重県の風土に合った家づくりを行っています。
県産の無垢材を100%使用していること、エアパス工法を用いていることもその一環です。
当社では、土地や物件のご紹介もしています。せっかく移住を考えても、知らない地域で、土地や物件、工務店をどこにしたらいいかも分からない方は沢山いることでしょう。私たちにご相談いただければ、ヒアリングをもとに、ご希望に合う暮らし方ができる市町村や土地、物件をお探ししご案内することもできます。家づくりはその後です。
三重県への移住に関心をお寄せいただきましたら、どんなことでもお気軽にアート・宙へお問合せください。

 

三重県で自然素材の注文住宅を建てるならアート・宙オンライン可!家づくり相談はこちら海砂中の相談会や見学会詳細はこちら

WROTE BYこの記事を書いたスタッフ

official

コラム

official
スタッフブログ一覧に戻る

RELATED関連記事