スタッフ紹介

一覧に戻る

取締役専務取締役 石田雪子

専務取締役 石田雪子

結婚を決めた理由は、この人ただものではないと感じたからです。

能力と才能が見えたんです!

このままサラリーマンでは終わらないだろう。

どうなっているのかを未来のこの人を見たい。

 

自分の夢を叶える生き方もあれば、人の夢を叶えるために自分の人生を賭ける生き方
もある。

私は後者を選びました。

 

このままでは終わらない・・・その日がある日突然に訪れました。

夫は、思いつめた顔で話しました。

「お客さんが本当に建てたい家を造りたい!」

「世界に一つだけのオンリーワンの家を造りたい」と。

大手で30年も勤めてきて、何不自由なく生活してきたのですから、

きっと私に反対されると思っていたからでしょう。

 

私の返事は「辞めてもいいよ、一度だけのあなたの人生、好きに生きればいいんじゃ
ない」でした。

私は何の心配もありませんでした。

結婚を決めたあの日から、この日を待っていたのですから。

やっと夫が、自身の才能と能力を思う存分発揮できるのです。

 

夫の会社設立にあたっての想いは、まず地域への恩返し。

そして地産地消。地元の木を使い、地元の大工さんで家を建てる。

その地域で育った木は伐採後も、同じ環境のもとで使われた方が良い。

住む人の健康を考えた家づくりをしたい!

その想い通りに、熊野の野地木材、エアパス工法、そして地元の素晴らしい大工さん
に出会うことが出来ました。

 

私と娘の大きな転機となったのは、我が家を建てたことです。

どこにも出かけたくない。

よく眠れる。

過度な冷暖房をしなくても快適に過ごせる。

イライラしない。

この家本当にすごいと感動したのです!

娘も私も『お父さんスゴイ!』心から尊敬しました。

 

そして間もなく、娘がお父さんを助けたいと言ってきたのです。

いつも元気でパワフルな夫ですが、いつかは年老いていくわけで、今元気なうちにそ
ばで学び、

お客様や会社の為に役にたちたいと。

その日から社長の元、一生懸命学びながら頑張って仕事をしております。

 

私も内助の功だけではなく、結婚のときこの人の夢を叶えるために自分の人生を賭け
ると決めたように、

側で支えてゆく覚悟を決めました。

オーナー様から頂く「アート・宙で建てて良かったありがとうございました」

そのお言葉を頂くたびに、本当に間違いのない仕事をしているからだと夫の仕事を誇
りに思います。

 

弊社の家は、本物の家造りをしています。

昔の日本家屋のように、百年以上何世代にも受け継がれる家です。

ですから、私は何百年も存続させていきたい!

夫の夢が私の夢となりました。

 

 

 

 

 

取締役 の

その他のスタッフ紹介

一覧へ戻る

ページトップへ