スタッフブログ

物事の表現方法って難しいです

山口 凌麻 自己紹介へ
2018/04/07(土) 日々のこと工務課

 こんばんは、山口です! 今日もブログを更新していきたいと思います!

 やはり、自分の言葉で相手に正しく理解してもらえるように説明することはとても難しくて、今日も『エアパス工法』についての発表をしていたのですが、ちょっとしたニュアンスの違いから全く違うように捉えてしまうので、どういう風に言ったら相手により正確に伝わるか、そういうことを考えさせられる一日でした。

 このことは私の趣味の一つである読書にも関係しているのですが、推理小説の書き方にミスリードというものを使った叙述トリックというものがあるのですが、それはあえて誤解を生むような表現方法をして読者の考えを誤った方向へ誘導するという技法です。この書き方は何も知らず読んだ時の印象とその誤解が解けた後の結果を知ってから読む印象が全く違うことが特徴です。

 ちょっとした書き方の違い、ちょっとした表現方法の違いから相手に与える印象を全く別のものに変えてしまう。人の言葉というものはとても難しく、正しく理解してもらうためには自分が正しく理解し、分かり易い説明をしなければならないと思います。

 一応...叙述トリックを使ったおすすめの小説はアガサ・クリスティーの「アクロイド殺し」という小説です。

 ただし、叙述トリックを使っていると言うこと自体が一種のネタバレになっているので、私はいろいろな推理小説を読んで探すことが面白いと思います。

記事一覧

1ページ (全37ページ中)

ページトップへ