スタッフブログ

お疲れ様です

山口 凌麻 自己紹介へ
2018/04/14(土) 日々のこと工務課

お疲れ様です、山口です。今日もブログを更新していきたいと思います。

 

 まず、今日したことについて報告していきたいと思うのですが、今日はマナー研修が最後ということで、テストをしました。今まで学んできたことをしっかりと出せたと思うので、研修が終わってもなあなあになることなくしっかりしていかなければならないと思います。

 

 もうひとつ。発表のテストもあったのですが、そちらのほうが上手くできませんでした。

 やはり、自分の言葉で相手に物事を正しく伝えることはとても難しいということを痛感しました。

 

 

 と、いうことで、発表がうまくいかなかったので落ち込んでいるのですが、昨日予告した通り、読書が趣味になったきっかけの本を紹介したいと思います。

 

 私が自ら進んで小説を読み始めたのは小4の時でした。それまでは漫画ばかり読んでいたのですが、親に漫画ばかりじゃなくて字だけの本も読みなさいと言われ、一冊の本を買ってもらったのがきっかけでした。

 

 その本の名前は『マジック・ツリーハウス』という外国の児童文学でした。

 ある場所にあるツリーハウスには多量の本が置いてあって、その中にある写真に指を置き「ここへ行きたい」ということでその本に書かれている世界に入り込むことができる、という設定の物語なのですが、その世界観にどんどん惹かれていき、最終的に小学校卒業までに出ていた刊まで読破し、そこから物語に引き込まれる楽しさに惹かれ、今では立派な活字中毒です。

 

 今日はここまでにしたいと思います。明日も本について書こうかなと思っております。

記事一覧

1ページ (全34ページ中)

ページトップへ