スタッフブログ

今日は引き渡し式でした。

高松 佑治 自己紹介へ
2018/04/15(日) 工務課日々のこと

どうも高松です。

 

今日は入社して初めてのお客様のお家の引き渡し式というものに同行させていただきました。

このような引き渡しの場に立ち会うのは初めてだったのですが、お客様家族の幸せそうな顔を見て本当にこの会社の理念というものを身をもって理解することができたような気がしました。そしてこのような家づくりができる一員に早くなりたいと思いました。

 

ですがこの式を終えた後ある失敗をしてしまい怒られることとなってしまいました。

原因はいろいろとあるのですがまず一番の原因は「慣れ」です。これは挨拶の時の声やお礼だったりそのような態度が二週間たったことでどんどんだれてきたのが原因だと思います。

前日に上司にご馳走になった際次の日にその上司にあった開口一番にお礼を言わないという「感謝の気持ち」というものが欠けていてそれを忘れてしまったことが一番社会人として一番ダメなことだと改めて感じました。

そしてもう一つは、会社の備品を大事に扱わなかったことです。今日の引き渡しの際バタバタしていたということもあったのですがそのような中でもしっかりと使った道具などにも気を配るということを完全に失念していた自分の責任であります。

このように社会人としての覚悟を今一度確認するとともに自分に与えられた仕事をこなすだけでなく、それをしながら周りのこと、道具などのことに気を配って仕事ができる人というものが「プロ」ということなんだということを改めて再認識して、中だるみせず驕らず明日から研修に臨もうと思い直した一日でした。

こうも見てくれた人に感謝です。

記事一覧

1ページ (全34ページ中)

ページトップへ