-->
  1. トップページ
  2. スタッフブログ
  3. 壁を美しく塗り上げる左官職人

スタッフブログ

カテゴリ表示
壁を美しく塗り上げる左官職人
11月11日(木) official

壁を美しく塗り上げる左官職人

アート・宙の木造建築には多くの職人がたずさわっています。
珪藻土などで壁を美しく仕上げているのは、左官職人です。

 

 

家の出来栄えを左右するほど大切な仕事です
壁や塀などを塗り上げるのが左官職人の仕事。
鏝(こて)と鏝板(こていた)を使った仕上げ方には、職人の技術や個性が表れます。
アート・宙がつくる家の場合、珪藻土や漆喰など自然素材を使った塗り壁が多いため、左官職人の腕が家全体の魅力に影響すると言ってもよいほど、重要な仕事です。

 

技術とセンスで差がつく厳しい世界
左官職人は壁などを塗り上げるとき、凹凸を付けずに平らに塗ることもできれば、鏝を巧みに使って模様を描くこともできます。きれいに仕上げるためには相当の技術が必要で、さらに美的センスや探究心も求められます。そのため、同じ道具を使ってもプロと素人では仕上がりの差が歴然としていることはもちろん、プロ同士でも違いが表れます。

 

アート・宙では、塗り壁のある暮らしを楽しみにされているお客様にご満足いただくため、腕がよく心意気のある左官職人に作業を依頼しています。

 

凄腕の左官屋さんが希望をかなえてくれました
左官職人の実力には、住宅のプロである私たちもしばしば驚かされます。

 

例えば、アート・宙の展示場「三滝の家」のキッチンの塗り壁は、担当した左官屋さんの経験と絶妙な技術によって思い通りの淡いグレーの色味を実現できました。具体的には、私たちが「これくらいの色がいいのですが」と参考写真を見せたところ、左官屋さんが「炭を混ぜてみようか」と提案。珪藻土にごく微量の炭を配合して色をつくってくれました。

 

 

技術を継承するために
技術をどこまでも追求でき、やりがいがありそうな左官職人ですが、他の職人と同じように人数が減少傾向にあり、新しい担い手の確保が課題となっています。

 

アート・宙としては、左官職人の仕事を必要とする家づくりをさらに盛んにすることで、技術の継承に少しでも役立ちたいと考えています。塗り壁や塀に関心をお持ちの方は、モデルハウス・展示場や完成見学会にぜひお越しください。

 

◎【DIY】お施主様と着工中の現場で珪藻土塗ってみた。〈アート・宙 YouTube Channel〉

 

 

◎アート・宙 モデルハウス
https://www.artsora.com/modelhouse

 

◎アート・宙 イベント情報
https://www.artsora.com/event

WROTE BYこの記事を書いたスタッフ

official

コラム

official
スタッフブログ一覧に戻る

RELATED関連記事