-->
  1. トップページ
  2. スタッフブログ
  3. バルコニーの使い道は?

スタッフブログ

カテゴリ表示
バルコニーの使い道は?
5月7日(火) アドバイザー 江坂 佳基

バルコニーの使い道は?

バルコニーがあるのが普通?

2階建て以上の住宅だと、一戸建て・マンション・アパートに限らず、バルコニー・ベランダがあるのが一般的ということで、間取りを考えられる際に、希望される方が多くいらっしゃいます。

特に、現在アパート・マンション住まいの人はその傾向が高いです。

しかし、実際にバルコニーは必要でしょうか?

使い道について考えてみましょう。

アパート・マンションと一戸建ての大きな違いのひとつは、自己所有(賃貸の場合だと占有)の範囲です。

アパート・マンションは居住空間のみですが、一戸建てだと家と土地となります。

よって、アパート・マンションでは外とつながる自己所有(占有)空間は、バルコニーしかありません。そうなると、外として使えるスペースや、日当たりを確保できるスペースは限られます。

一方で、一戸建てであれば、家からつながる庭や空間がありますし、窓位置や隣地状況を考慮すれば日当たりの確保は多方面から考えられます。

 

バルコニーの使い道をお伺いすると、洗濯物や布団を干すためにほしいという意見がとても多いです。

しかし、2階建ての多くは、1階に洗面脱衣室、洗濯機があります。その間取りで家事動線を考えると、わざわざ2階のバルコニーまで洗濯物を干しに行くのは大変ではありませんか?

特に、1階に主寝室があるような場合だと布団も1階にあることになります。また、最近では洗面脱衣室の近くにファミリークローゼットを設ける間取りのご要望も多くなっており、洗濯物を片付ける場所も1階ということも増えていきました。

暮らしの動線を考えるのであれば、バルコニーで物干しをするより、他の選択肢を考えるほうが便利なこともあります。

1階に物干しのスペース(室内外どちらでも)の設置や、庭・ウッドデッキで物干しができるようにする等、他の選択肢も大切です。

 

日頃の掃除や維持管理の手間も忘れず。

また、バルコニーは外のスペースのため、風雨や紫外線等にさらされるため、外壁等と同じく、定期的なメンテナンスが必要な場所です。

設けている位置によっては、雨漏れしやすい場所になることもあります。

また、囲われているスペースのため、周囲環境によっては、埃や塵、落ち葉等が溜り、日々のお掃除も必要です。

実際には作ったけれど、ほとんど使っていないという意見もあります。

 

一方で、2階に浴室や洗濯機がある場合にはバルコニーがあると、家事動線が短縮されて便利なこともあります。

また、2階に浴室や洗濯機を持ってくるような場合は、狭小地や隣地等で、外部スペースや日当たりの確保が難しいこともあります。

そういう場合では、バルコニーは物干し以上の使い道が出てくるので、有効的なスペースとなることもあります。

ぜひご自身の建築地や理想の間取りを考慮して、バルコニーが必要か否か考えてみませんか?

 

ちなみに…

近年では、バルコニーで、家での時間を楽しむライフスタイルが注目されているそうです。

第二のリビングとしてソファやテーブル、TV等を置いてゆっくり過ごされたり、庭の代わりに緑を育てたり、中にはプールを置かれたり等、様々な使われ方をしているようです。

その場合には、ある程度しっかりとした広さが必要になってくるのかと思いますので、ぜひ家のご要望をまとめる際にはしっかりとお伝えください。

WROTE BYこの記事を書いたスタッフ

アドバイザー

アドバイザー 江坂 佳基
スタッフブログ一覧に戻る

RELATED関連記事