ページトップへ

資金計画の立て方

 

家づくりにおいて、大切なこと。

たくさんありますが、資金計画もそのうちのひとつです。

家づくりの金額は、何から考えていいのか、漠然としていて、

よくわからないというのが、多くの方の本音だと思います。

でも、少し知っていれば、少し工夫すれば、少し予算を見直せば、

皆様の夢がまたひとつカタチになるかもしれません。

一度、しっかり資金計画してみませんか?

 

 

資金計画の一歩目。

まずは、「自分たちは家づくりに対して、どれくらい予算をかけるのか」を考えることから始まります。

これは、家本体だけを言っているのではなく、

家づくりを始めて、家に住み始めるまでの期間で使える予算のことです。

住宅ローンを組むのかという事も含めて考えます。

ただ、住宅ローンを組むといっても、ピンとこない方も多いでしょう。

なんとなく、2000万円くらい?3000万円くらい?という方もいらっしゃいます。

これを決めていくためには、今のご自分たちの暮らしを振り返ることがまず一歩です。

もちろん、これからどんな家に住みたいのか、ということも大切です。

 

そして次は、

「家を建てるにあたって、どのような費用が必要になるのか」ということを知ることです。

 

家を建てる時に関連する工事

〇本体価格

〇消費税

はもちろんですが、

 

それ以外に…

〇外構(アプローチ、駐車スペース、庭etc)費用

〇地盤改良費用(調査結果次第)

〇既設解体費用(既存建物がある場合)

〇上下水道引込工事、浄化槽設置工事   

…etc 様々な工事があります。

 

諸経費として…

〇建築確認申請費用

〇完了検査費用

〇登記費用

〇敷地測量費用

〇各種申請費用(土地によって、開発申請や農地転用等、様々な手続きが必要になることがあります)

〇印紙代

〇融資手数料(住宅ローンを利用する場合)

〇火災保険、地震保険

…etc

 

そして、税金をはじめとした納付金関係

○不動産取得税(土地や家を取得した時に一度だけかかる税金です)

○固定資産税(毎年かかります)

○水道負担金(水道の引込・使用が今までなかった場合)

○下水道受益者負担金(下水の引込・使用が今までなかった場合)

…etc

 

思ったよりも、様々な費用が必要になってくると思われた方もいると思います。

これらがあることを知っているかどうかで、実際に家本体にかけることが出来る費用もおのずと見えてきます。

 

 

住宅ローンの仕組はご存知ですか?

金利にも、変動金利と固定金利があります。

固定金利にも、固定期間が様々あり、それによって金利も異なります。

「フラット35」という全期間固定の住宅ローンもあります。

『今一番、金利が安い』と言われるような時期です。

しかし、一見お得に見えても、思わぬ違いがあったりもします。

比較するポイントが大切です。

また、住宅ローンを利用する際には、「借りられる金額(銀行が貸す金額)≠返せる金額」であることを心掛けましょう。

ご自分達たちの生活を考えた上の毎月の返済金額から、借りる金額を決めていくことが大事です。

企業によっては、一般銀行よりも、好条件で借りることが出来る社内融資制度もありますので、一度ご確認ください。

 

 

家づくりに関わる税金や制度、施策は、うまく利用すると、家具や家電を新調する分が賄えてしまうことも…。

税金面の優遇や、補助金等、その時々で異なるので、家づくりをするその時に、何が活用できるのか確認しましょう。

 

 

相続や贈与についても、家を建てるときに見直されると、良いことがあります。 

人それぞれ、生活スタイル・家族構成、状況が異なるように、資金計画もその人、そのご家族に合ったものがあります。

 

アート・宙では、「資金計画表」を活用して、家づくりに係る資金を整理することから資金計画を始めます。

家づくりを考える際には、資金計画を一緒に考えてみませんか。

 

 

〇マメ情報

「坪単価」とは?                                             

よく「坪単価っていくらですか?」と聞かれることがあります。

しかし、その坪単価×希望坪数が、どの会社も同じ内容が含まれているとは限らないというのはご存知ですか?

「同じ間取りで、同じ大きさでも、使う素材が違えば、金額も違ってくる。だから、坪単価が異なる」という、単純な話ではないのです。

実は、「坪単価」という言葉の定義はありません。

坪単価の中に、照明器具まで入っているところもあれば、設備や配管工事は別途必要というところもあります。

照明器具で、35万円かかってくるとすれば、それだけでも、35坪の家では、坪あたり1万円の差が出てきます。

 

また、建物の面積も、会社によって考え方が異なります。

坪単価を計算するときに、吹抜けやバルコニーも面積として入れるのか、軒の出が大きい部分は面積にいれるのか…等々、これも決まっていないため、各会社によって様々です。

例えば、2500万円の家。室内の床面積は35坪でも、2坪のバルコニーがある家。

35坪で計算するのと、37坪で計算するのでは、「坪単価」は違ってきますよね。

こうやって、一概に「坪単価」といっても、計算方法や考え方が異なれば、同じ「坪単価」で聞く金額の違いは曖昧なものでしかありません。

そのため、実際に建て終わった金額が、最初に聞いていた坪単価よりも、大幅に違うということも多いようです。

「坪単価」はあくまで、金額の目安であり、家のグレードを示すものだと捉えるほうが良いと思います。

 

 

大事なのは、どんな家に住みたいかという想いと、家づくり全てにおいての総予算・総金額です。

資金のお話というと、身構えてしまう方もいらっしゃいますが、この部分をしっかりと押さえておかなければ、家づくりは安心して進めることはできません。

銀行で住宅ローン等の相談も良いですが、家づくり・暮らしづくりの大切な部分なので、建築会社も豊富な知識や知恵を持っています。

また、家づくりに関わる制度・施策についても詳しいので、ぜひ気軽に声をかけてみてください。