ページトップへ

工法へのこだわり

 

昨今は、地震をはじめとした自然災害や、異常なほどの猛暑に見舞われるようになり、

家の安全性と快適性が再度見直されるようになりました。

 

「アート・宙」で提案するのは、伝統工法である「木造軸組」に、最新のテクノロジーから生まれた「壁面強度」を融合させる事で、従来の木造住宅より高い耐震性を実現しています。

それとともに、自然の力を利用した「エアパス工法」を取り入れ、安心に裏打ちされた地球環境にやさしいやすらぎの住まいです。

 

何よりも安心が求められる住まい。

「アート・宙」は、日本古来の木造在来工法をベースに優れた耐震性を誇る建物を提供しています。

骨組は4寸角柱を標準仕様とし、梁や桁を組み合わせる強靭な軸組工法。

さらに、耐震性が実証されている構造用耐震壁(モイス)を外張りすることで、より安心です。

 

軸組工法(在来工法)

柱と桁、梁で建物を組み立てる工法。

筋違いを入れることで強度を高め、木と木の継ぎ方なども、継手と仕口を用いる日本独自の建て方。

現代では、接合部に金物も使用することで柱等が抜けないようにもしています。

 

安心に裏打ちされた住まいだからこそ、やすらぎを実現できる。「アート・宙」はそう考えます。

 

さらに、「長期優良住宅」の基準に沿った建物にすると、より長きにわたり、手をかけることで、住宅を良好な状態で保ちやすい住宅となります。

 長期優良住宅とは?

 

【エアパス工法】

夏は涼しく、冬は暖かく。

四季を通して健康で快適な暮らしを実現します。

 

は床下換気口と小屋換気口を開け、床下から涼気を取り込み、壁の内側の熱気や湿気を排出して自然な涼しさをつくりだすことができます。

また、壁の内側や小屋裏に入り込んだ熱は小屋裏のいちばん高いところから排熱されるので、暑さのピークもカットできます。

 

は床下換気口と小屋換気口を閉めることで、壁の内側を太陽熱で暖められた空気が循環し、家全体の温度差をなくし、自然の暖かさとなります。

そして、日中の太陽熱を壁や屋根から取り込んでたくわえ夜に放熱することにより、冬の夜の寒さを和らげることができます。

さらに、換気口を閉めるため、床下に冷たい空気が入り込まず、床が冷えないで暖かさを保ち、底冷えがありません。

 

一年中いつでも健康で快適な暮らしを実現します。

太陽や自然のメカニズムを上手に利用することができるエアパス工法は、冷暖房の使用を極力抑えることができ、省エネで、地球環境にもやさしいのです。

 

 

 

なお、展示場では、実際のその日の温度の様子をご覧いただけます!

↑展示場にある温度計です。壁内や小屋裏・床下にも設置してある温度計が確認いただけます。

 

  ▼エアパス工法の体感は展示場にて

工法の詳しい説明はぜひ展示場にてお聞きください。

建築中の現場にて構造の見学も可能です。お気軽にお越しください。

 

エアパス工法で使用する部材

 

①エアパスダンパー

 弁がついた特殊な形状で、上昇気流(内側から外側)だけを通して、下降気流を通さないことで、冷気を室内側に通さないようになっている。

エアパスダンパーは1軒で100~130個取り付けられている。

(左が壁用、右が屋根用)

 

②エアパス空気取入口

上昇気流・下降気流ともに通すための穴。空気取入口はエアパスダンパーとセットで取付される。

 

 ③エアパス小屋換気口

 夏に上昇する熱気を逃がす為に小屋裏の一番高いところに取り付けられる。

室内に設置したワイヤーで、手動で開閉ができるようになっている。

(冬は閉じて、暖かい空気を逃がさないようにする)

 

 ④エアパス床下換気口

 

夏は涼しい外気を取り入れるために開け、冬は熱を逃がさないように閉じる。

なお、床下換気口は家の周りを一周して手動で開閉する。

 

何故、換気口の開閉は手動?

換気口は自動で開閉できないのか、とよく聞かれます。

エアパス工法では、あえて手動で開閉する仕組みにしています。

何故なら、人それぞれ、暑さ・寒さの感じ方が違うからです。

人が暑さや寒さを感じるのは、気温(温度)のみでなく、湿度・風・日当たり・体質など、様々な要素が相まって感じます。

同じ気温でも、ある時は湿度が高くてじめじめ暑い、一方で、ある時は風が強く吹いていて肌寒い。

だから、住んでいる人が、その人の感覚で、自分の服の衣替えをするように、家の衣替えも自分のタイミングでできるよう、あえて手動にしています。

また、手動にすることで、仕組みとしてはごく簡易的なものになり、故障のリスクが格段に下がります

メンテナンスのしやすさという点からも、手動にしています。

 

 

エアパス工法の断熱材

エアパス工法で用いるビーズ法ポリスチレンフォームは、低VOCで、水蒸気発砲の為、フロンを含有しません。

また、高いリサイクル率を実現した、省資源にも貢献する、環境にやさしい断熱材です。

しかしその分、断熱性能を確保する為に厚みが必要になり、「T型垂木落とし込み施工」などの施工上の工夫をすることで、厚みの増加に対応しています。

 

 

【なぜエアパス工法?~高気密高断熱とは異なる家づくり】

「家の作りやうは、夏をむねとすべし。冬は、いかなる所にも住まる。暑き比わろき住居は、堪へ難き事なり。(徒然草・第55条)」

というように、日本の家づくりは、気候風土を考慮して、夏を基準にした風通しの良い家づくりが、伝統として受け継がれてきました。それは、調湿効果のある木材を材料として選んできた理由でもあります。

 

しかし、風が通り抜けやすい家は、冬には隙間風が入り、寒い家となります。そのため、人々は冬暖かい家を求めるようになります。

そこで、戦後高度成長を受け、ハウスメーカーが増加するとともに、家に対して、施工性と気密性を高めることに注力し、隙間風に悩まされることのない、また、冷暖房を活用することで、人工的な快適を追求できる家が普及しました。

しかしながら、気密を上げることで、室内と外界・自然気候と切離した魔法瓶のような住まいとなります。同時に、断熱材の性能も万全でないため、一度室内に入ってしまった熱が外に逃げにくくなり、エアコン等の機械を常に必要とする家となります。

それに伴い、冷暖房がない部屋との温度差が発生し、ヒートショックに繋がることもあります。

そしてその温度差は、実は住まいにも大きな影響を及ぼしているのです。

室内間での温度差が生じるという事は、同じく室内と壁体内でも温度差が生じています。壁の中の湿気は腐朽菌を繁殖させ、柱などの構造材を脆くし、白蟻の被害を引き起こし、家の耐久性を著しく低下させることにもつながります。

また、湿気や結露はカビやダニの温床となり、小児ゼンソクやアレルギーの原因にもなります。

他にも、気密性が高い家に、人体に悪影響を及ぼす化学物質を使った建材、合板、ビニールクロスなどが数多く使用することで、シックハウス症候群といわれるような、湿疹、頭痛、めまい、吐き気、ノイローゼなど、新築した家に移ってから体調不良を訴えるケースが増加しています。

そういった点を見直したときに、「自然とともに生きる」ことを現代に取り入れることの大切さに気づきました。

それが、パッシブソーラー「エアパス工法」です。

集熱機や送風機等機械設備を使用して太陽光エネルギーを活用するアクティブソーラーとは異なり、パッシブソーラーとは、あくまで自然の力をそのまま活用します。

エアパス工法は、壁の内側を空気が移動することで木が腐ること防いでいます

また、空気の流れにより、湿度や乾燥を防ぐことで、白蟻の被害などからも守ります。

もちろん、自然の力をそのまま活用しているので、最近の酷暑では、涼しいとは言えないこともあります。

しかし、人には、自然とともに暮らすことが出来るよう、体温調節機能や知恵があります。

だから、体に負担がかかるような、極度に寒暖差を感じるようなことはない生活環境が大切です。

「アート・宙」が提案するのは、機械に頼った無機質な環境ではなく、古来から日本の人々がしていたように、自然とともに生きて、四季を愉しむ生活です。

“木陰に佇む”ような、そんな家です。

 

  ▼エアパス工法の体感は展示場にて

工法の詳しい説明はぜひ展示場にて体感とともにお聞きください。

 

お客様の声

寒がりなのですが、この冬は暖かいと感じました。暖房はヒーター1台のみ。

はじめエアパス工法といっても、正直よく分からなかったのですが、住んでみると実感します。

冬でもスリッパ要らず。床は熱さ30mmのスギ材で、冷たいって感じはないんですよ。

夏も、べたつかず素足が気持ちいい。

(四日市・H様)

 

6年住んでいますが、一番寒い部屋がエアコンなしでも15℃はあります。

朝布団から出られないってこともありません。起きてすぐ行動できるのが嬉しくて。エアパス工法の良さを実感しています。

もちろん、結露もカビもありません、冬も夏も本当に快適ですね。

(桑名・Y様)

 

もっとお客様の声を聞いてみたい方はこちらから

お客様の声