ページトップへ

四日市展示場

「四日市展示場」 

夢をカタチに

 

 

日本に適した家は、日本の風土に合う素材と工法で成し得るものとアート・宙では考えています。
言葉では伝わりにくい、その空気感を隅々まで体感できるのが、「四日市展示場」です。
 

規格型の住宅にはない、四季の移ろいを感じ、快適で健やかに暮らせる家が独自の世界観で具現化。

住宅街の一角に佇む「四日市展示場」は、高低差と奥行を利用した外構に導かれ、別荘を思わせる外観、そして語りかけているような繊細な表情の植栽に目が奪われます。
 
一般的に、ハウスメーカー、工務店のモデルハウスの外構は簡易的で、実際のプランも標準的なイメージで進めることが多いかと思いますが、アート・宙では家本体だけでなく外構、植栽も含めたトータルなプランづくりが行っております。
 
「四日市展示場」では、どの部屋からも庭を通じて四季の移ろいを愉しめる間取りとなっています。
そして、木の質感を巧みにアレンジした玄関ホールを進むと、そこはアートな造形美を感じる森のような空間が広がります。
 
まずは、大きな吹抜けに変木の吉野杉が大胆に横たわる印象的なリビング。
隣りには広い土間スペースも設けられ、庭を眺めることができ、内と外の空間を繋ぐ多目的なスペースとして活用できます。
 
リビングとダイニングに沿って庭をワイドに眺められる設計も見所のひとつです。
建具が戸袋に完全に収まる作りで、大開口の開放感を味わえます。
また、廊下を極力なくし、面の間仕切りなども抑えて、格子の仕切りや建具で抜けのある空間となり、LDの広がり感を作り出しています。
 
キッチンは生活感が見えないように無垢材とタイルを使って背面の収納もインテリアの一部としてデザインに取り入れ、キッチン本体は、メーカーのシステムキッチンを使用しているが、正面とサイドに手作りの無垢材の面材を張り、木の質感のまとまりがあるLDKとなっています。
他にも格式漂う水屋を備えた茶室とも見える和室、玄関奥のシューズクローク、浴室奥に設けたバックヤードなど機能的で大容量の収納も魅力が様々です。
 
住まいづくりへのヒントになるであろうこだわりが詰まっていますので、ぜひお越しください。

 

四日市展示場の見学のご予約はこちら

 四日市展示場へのアクセスはこちら

 

こんな時はぜひ「四日市展示場」へお越しください

「木の家」の良さは?「エアパス工法」って?

⇒体感できます

実際に手で触れてみる、空気感を感じてみる、空間の広がりを見てみる…

図面や写真では分からないことを体感ください。もちろんご説明も致します。

 

自然素材×エアパス工法=日本古来の知恵を活用した家づくり

 

「夢をカタチに」って実際にはどういうこと?

⇒ひとつひとつ、想いと理由があります

どうしてこうなったのか、プランにも素材にも、そして「四日市展示場」にも、想いと理由があります。

規格住宅ではなく、提案型注文住宅の良さをぜひ知ってください。

 

家づくりは何から始めれば…

⇒一緒に未来の暮らしを考えましょう

間取り、暮らし方、ご予算、土地探し…etc  お気軽にご相談ください。

 

四日市展示場の見どころ

熊野産桧に漆塗装で独特の風合いを出した手作りの玄関扉から 足を踏み入れると、十分な間口と奥行が取られた玄関ホール。
玄関の框(かまち)は、まだらな柄の錆丸太〈桧を梅雨に切り山中に置くことで、サビ(天然カビ)が斑点状につく〉を使用。
侘びの風情を醸し出している。
玄関横の引き戸の奥には、大容量のシューズクロークと多目的な収納スペース。
 

 

銘木屋さんに立てかけられていた変木の吉野杉に代表の石田が一目惚れ。

その吉野杉を活かすために大空間の吹抜けを設けられたそう。

美しさと力強さを併せ持ったこの梁の存在により、ダイナミックながら味わいのあるリビングとなっている。

 

リビングに隣接して作られた 土間スペース。
靴を脱がずに気楽におしゃべりを楽しんだり、来客の応対や趣味やペ ットとの時間を愉しんだり用途はいろいろ。
杉の丸太の木目が美しい天井と室内と庭 をつなぐ開放感が気持ちいいスペースです。
 

LDKは間仕切りを控え、格子の 柔らかな仕切りなどで、抜けのある空間を演出。

アイアンの繊細なデザインが施された階段手すりは、空間を邪魔しないながらも存在感のあるポイントになってる。

 

全面開口のLD窓越しから主庭を臨む。
室内フローリングから延長的に空間が広がるように、面の高さを揃えてデッキを設置。
デッキは硬質で耐久性が高いイぺ材を使用。
 
 
家電や収納によってどうしても生活感が見えるキッチン空間を、無垢材とタイルを使い、背面の収納もインテリアの一部としてデザイン。
シス テムキッチンも、正面部を手作りの 無垢材仕様の扉に変更することで家具調のフォルムとなり、家全体に一体感をもたらしてる。
キッチンと背面収納との間隔は、約110㎝程でゆとりをみた配置を提案している。
 

シンプルな和室が増えてきた中、あえて本格的な和室を設計。大工の技能が伝わる仕上りになっている。
 
 
 

見学のご予約はこちら 

 四日市展示場へのアクセスはこちら

 

アート・宙の提案型注文住宅

お客様のひとりひとりに家づくりに対する要望があります。
しかしお客様の要望どおりに家をつくれば、それが本当に良い家であるか、というとそうとも言い切れません。
わたしたちアート・宙では、お客様の要望をお聞きしながら建築のプロとしてお客様の目線に立った提案型の設計をご提案しています。

構造、採光、通風などを考慮しつつ、お客様にとって本当に快適で心地よい暮らしのためのプランニングはアート・宙の家づくりに対するポリシーです。
設計、インテリア、エクステリアなど各部門に精通した専任スタッフが豊かな知識と柔軟な発想力で、一邸一邸丁寧に愛情を込めてカタチにする家は、まさに「世界でひとつ。」の家となります。

<お客様の健康と幸せを実現するこだわりの5本の柱>
木材へのこだわり
自然素材へのこだわり
工法へのこだわり
間取りへのこだわり
職人へのこだわり
 

木材へのこだわり

アート・宙では、木造建築の大切な構造材である「木」にこだわっています。
三重県は気候・風土のおかげで良質な木材に恵まれています。
良質な木を求めてたどり着いたのが三重県熊野産の木。
日本神話にも神々が宿ると言われてきた紀伊山地の熊野古道は2004年に「紀伊山地の霊場と参詣道」の一部としてユネスコの世界遺産にも登録されました。

いにしえより人々がその神秘に魅せられて訪れてきた熊野に育った木は、人にもなんらかの良い作用をもたらしてくれるようです。
アート・宙は長年にわたり三重県熊野市の野地木材工業株式会社とパートナーを組むことで、構造材、内装材のすべてに三重県産木材を100%使用することを可能としました。

品質など一定の規格をクリアした県産材を、より適正な価格でお客様のもとにお届けすることをお約束するとともに、積極的に「地産地消」の考え方を家づくりに実現することで、地域に貢献し、木材輸送時のCO2排出量を削減して地球環境にも配慮した家づくりを実践しています。
 

自然素材へのこだわり

私たち「アート・宙」の考える快適な住空間とは、まるで森の中で暮らすような人にやさしい空間であると考えます。
古くから私たち日本人は、自然の恩恵を受け、自然素材を積極的に採り入れた家づくりをしてきました。
だからこそ、「アート・宙」で使用する素材は、厳選した自然素材にこだわっています。

珪藻土や漆喰、和紙や石などの表情豊かなそのやさしい質感は、私たちの心まで落ち着かせてくれます。
また、無垢の木でつくる家には自然素材がなじみ、その素材のもつ調湿作用や消臭効果も生活空間にとって良いはたらきをします。

私たちは人体にやさしく、環境にもやさしい、そこに住む人が健やかに快適に暮らせる安心安全な家づくりを実現します。
 

工法へのこだわり

アート・宙がつくる木の家は、日本古来の木造在来工法をベースに優れた耐震性を誇ります。
骨組は4寸角柱を標準仕様とし、梁や桁を組み合わせる強靭な軸組工法を採用しています。
さらに耐震性が実証されている構造用耐力壁を外張りしていますので安心です。

また、伝統工法である「木造軸組」に最新のテクノロジーから生まれた「壁面強度」を融合させる事で、従来の木造住宅より高い耐震性を実現すると共に、自然の力を利用した「エアパス工法」を取り入れ、安心に裏打ちされた地球環境にやさしい安らぎの住まいです。

さらにアート・宙では太陽や自然のメカニズムを上手に利用することができるエアパス工法を採用しています。
夏は床下換気口と小屋換気口を開け、床下から涼気を取り込み、冬は床下換気口と小屋換気口を閉めることで壁体内を太陽熱で暖められた空気が循環させて、家全体の温度をコントロールし、一年中いつでも健康で快適な暮らしを実現します。
 

間取りへのこだわり

家づくりをするにあたって、暮らしをより心地よくするためには間取りの工夫は不可欠です。
そこで、私たちがご提案しているのが「広がり間取り」です。
広がり間取りの特徴は、廊下をなくし、室内は細かく区切らずに一体感を与え、リビングダイニングを中心に家の各部屋を直接結びる考え方です。
玄関を入るとすぐ吹抜けのリビングダイニングが広がり、リビングに設けた階段から2階の寝室や子ども部屋につながります。
子ども部屋は、子どもたちの成長に合わせて間仕切りしたり、広く使ったりできます。
廊下がないので面積を有効に使え、家のどこにいても光や風を感じられます。

広がり間取りはどこの部屋にいても、家族とつながり、家族の自然なふれあいを生んでくれます。
 

職人へのこだわり

木造建築には棟梁をはじめとする多くの職人が携わります。
「アート・宙」に関わる職人は、ただ現場で作業をするだけではありません。

いつも「この現場は自分の家だ」という思いで職人が心ある仕事をすることを「アート・宙」では大切にしています。
なぜなら、職人の技が光るのも真心があってこそ、という思いがあるからです。

「アート・宙」の家づくりの想いに共感してくれる職人たちの技が光るとき、そこに住む人にとって、どこかやさしさや繊細さを感じる、ほんとうに心地よい家が生まれるのだと思います。

 

展示場の見学のご予約はこちら  

 

「四日市展示場」までのアクセス

〒512-0933

三重県四日市市三滝台4丁目8-11

 ●近鉄湯の山線「伊勢川島駅」より徒歩約7分

 ●東名阪自動車道「四日市インター」より車で約10分

 

※ナビで住所を入れていただくと、裏手(西側)に案内されることがございます。

表側(東側)の大通りへお越しください。幟旗と看板が目印です。