ページトップへ

長期優良住宅

長期優良住宅とは?

従来の「つくっては壊す」スクラップ&ビルド型の家づくりから、「いいものを作って、きちんと手入れをして長く大切に使う」ストック活用型の家づくりへの転換を目的とした、長期にわたり住み続けられるための措置が講じられた優良な住宅のことです。

(「長期優良住宅の普及の促進に関する法律」が平成20年12月5日に成立し、平成21年6月4日に施行されました。)

 

長期にわたり良好な状態で使用するために

①耐震性 (長期に使用するための構造及び設備を有していること)

②省エネ性 (居住環境等への配慮を行っていること)

③維持管理のしやすさ (維持保全の期間、方法を定めていること)

④耐久性(住宅の劣化のしにくさ、又は劣化を防ぐための対策を行っていること)

以上4点の措置が講じられている住宅を指します。

 

アート・宙の長期優良住宅仕様では、全ての基準で最高等級を満たすように建築しています。

※耐震等級は、複雑なプランによっては異なる場合がございます。ご確認ください。 

 

長期優良住宅には、様々な税制優遇が適用されます。

固定資産税軽減が5年間へ拡充!

固定資産税1/2軽減される年数  

一般住宅 3年 → 長期優良住宅 5年

 

不動産取得税の控除額の拡充!

一般住宅 1200万円控除 

→ 長期優良住宅 1300万円控除

 

登録免許税の税率の引き下げ!

所有権保存登記  

一般住宅 1.5/1000 

→ 長期優良住宅 1.0/1000に引き下げ

所有権移転登記  

一般住宅 3.0/1000 

→ 長期優良住宅 2.0/1000に引き下げ

 

住宅ローン減税の最大控除額の拡充!

最大控除額  

一般住宅 400万円 

→ 長期優良住宅 500万円まで拡大

 

建設評価とは?

「住宅の品質確保の促進等に関する法律(品確法)」の三本柱のひとつである「住宅性能表示制度」を元に、第3者機関での設計評価・施工確認を行い、10分野で性能の高さを示したものです。

住宅の外見や簡単な間取り図では判断しにくい項目を優先的に評価しています。

 

 

▼実例集や資料がほしい方はこちらから

 

▼実際の家を見てみたい方はこちらから