ページトップへ

ブログ

10月はピンクリボンのイベントが各地で行われています。

私自身も乳がん患者です。

昨年のこの時期に、乳がん患患者会との出会いから、南雲先生にご縁を頂きました。

南雲先生は、テレビでも活躍されていますから、ご存知の方も多いと思います。

 

8月には、先生の誕生日会にも出席させていただきました。

62歳の誕生日でしたが、絶対に見えません。

シミもしわもなく、スタイルも良い、62歳になんて全然見えません。

ものすごくお若いです!

私が南雲先生と出会ったのは昨年11月です。

実は私も13年前に二度の乳がんを経験しました。

乳がんは10年で再発がなければ、ひとまずひと区切りです。

お陰様で私も10年間再発がなかったので、定期検診へ通うことを卒業しました。

南雲先生にお会いするきっかけは乳がんの患者会でした。

愛知県のある患者会が、乳がん患者や家族と温泉に来て、それぞれの悩みを話し、温泉に入ろうというのを情報番組で放送されていました。

偶然それを見て私は釘づけになりました。

それは、代表が服を脱ぎ自分の乳房を見せたからです。

代表自身も乳がん患者です。

 

テレビに映し出された乳房はとても美しかったです。

南雲先生の手によって、美しいバストを取り戻したのです。

そのお顔はキラキラ光り輝いて見えました。

私はすぐに、南雲先生と代表に会いに行きました。

テレビで感動した話を伝えると、すごく喜んでくれ、たくさんの貴重な情報をお話し下さいました。

患者会は南雲先生が、僕の病院タダで使えばいいよって仰ってくれた御蔭で、たくさんの患者さんの不安や悩みをみんなで分かち合って、励まし合い、正しい知識を情報を知る場所となっています。

私がいる間にも、乳がんと診断されたと真っ青な顔で落ち込んだ様子の方が来ます。

代表も、他の患者も自分の経験の話や、実際に手術後や、再建したバストなどを見せてくれたりと。気持ちに寄り添って相談に乗っている様子は真剣です。同じ痛みや苦しみを経験したからこそ出来るサポートです。

そっと包み込むような優しさに溢れています。

不安げそうだった人も、話を聞いているうちにだんだん表情が明るくなり、前向きに変化してゆく姿に患者会の力は大きく、必要で大切な場所だと心から感じました。

昔と違って、今は同時再建ができます。

手術で乳房を摘出して直ぐに新たな乳房を手に入れますから、目覚めたときには元通りです。

精神的なストレスは随分軽減できます。

その再建手術のエキスパートなのが南雲医師です。

他の病院で絶対にできないと言われたとしても、南雲医師は可能にします。

いくつになっても、女性は女性なのです。

女性のシンボルである乳房は大事なのです。

南雲先生は言います。

「癌になって辛い思いをした分、これからはいっぱい幸せになりましょう」

このように言われたのは初めてで、本当にうれしかったです。

そして先生は、「私は90歳までには、すべての癌を無くしたいと・・・。」

そのために、命の食事という講演会をしています。

身体と命は食事から創られます。

その口に入れる食事こそが大事だと。

 

様々な研究からわかったことを、皆さんに知っていただいて癌を無くす。

その信念で日々研究し続けています。

そして、南雲先生は私達患者に言います「元気になった君たちが、きれいなバストを手に入れて幸せになったことを、

みんなに伝えて。今苦しんでいる乳がん患者さんに伝えてね」

私利私欲ではなく、自分の使命から毎日癌と戦っている南雲先生に出会えて私は、本当に幸せです。

もし、今乳がんで悩んでいる方がいらしたら、どうぞ南雲クリニックへいらしてください。

そして、そこに患者会もあります。

一人で悩まないで!悲しまないで!

セカンドオピニオンとして相談されるも良いと思います。

一番大切なことは、正しい情報を知り知識を得ることだと思います。

「たくさんのがん患者さんを幸せにする南雲先生、どうぞ元気で長生きして下さい。」と願うばかりです!

 

 

 

 

 

 

 

記事一覧

  • 1 /
  • 2 /
  • 3 /
  • 4 /
  • 5 /
  • 6 /

1ページ (全9ページ中)